8月14日(月)

以前から気になっていた、石鎚山の河口(こうくち)登山口~今宮道~石鎚山に行ってきました。

ロープウェイが無かった頃はこの道を歩いて成就まで皆さん行っていたのでしょうか?
歴史を感じさせる登山道を歩いてきました。

今宮道の感想ですが、思っていたよりも整備されており歩きやすい。
危険箇所はないものの、成就までの約7km、標高差1,100mをひたすら登り下りするのはかなりのダメージでした。
それとこの時期のせいなのかアブがやたらと多く大変でした・・結構噛まれました。

石鎚山山頂までの往復だと標高差約2,200m、20km以上となるので体力勝負です。
途中ちょっと迷って40分位ロスした事もあり、今まで歩いた山の中で一番くたびれました。
下山は足がヘロヘロでした(≧∇≦)

水2リットル、経口補水液1リットル、スポーツドリンク0.5リットル飲み干して汗ダクダクでした。


このコースを歩くのは夏は避けた方がいいですね(^ ^)


▼朝5時半頃出発



▼予想よりもいい登山道でした



▼やっとスキー場



▼標識も親切



▼天狗岳



▼地図(途中迷っているので参考程度にしてください)


6月25日(日)
倉敷市の安養寺に紫陽花鑑賞に行ってきました。


もう少し遠い寺に行く予定でしたが、ゆっくりしてたら結局遅くなり地元の安養寺になりました。

雨上がりだったのでとても紫陽花が綺麗でした。


































6月11日(日)
妻とちくさ湿原にクリンソウ鑑賞に出かけてきました。
ちくさ湿原の詳しい情報は ⇒ こちら

はじめてクリンソウを見ましたが思っていたよりも大きな花で、山野草の中ではかなり大きい部類に入ると思います。
高さもあるので群落している様はかなり見応えがありました。
ここまで群落を形成出来たのは鹿のお陰?らしい。

ちくさ湿原のHPによると【鹿はクリンソウを食べない。クリンソウを残し、周囲の草を食べる“除草”してくれるのだ】だそうで嫌われものの鹿も役に立つことがあるんだなぁと妙に感心しました。

▼クリンソウ


▼クリンソウ群落



▼パノラマで撮ってみました




▼クリンソウ大群落










6月6日(火)
妻と那岐山のサラサドウダン鑑賞に行ってきました。
コース:西仙コース~那岐山三角点峰~滝山~那岐山山頂~東仙コース

西仙コースから登り、馬ノ背避難小屋を過ぎて標高1100m辺りからサラサドウダンの群落が見頃でした。
滝山までの稜線にもたくさんのサラサドウダンがあって写真を撮ったりしながら進むのでなかなか前に進めませんでした。

初めてサラサドウダンが咲く時期に那岐山に登りましたがとても良かったです。

那岐山の鳥取側の登山道ですが、西仙コースに以前には無かった橋や新しい鎖が整備されてました。さらに鹿除けイワウチワ保護ネットも整備されており那岐山を大切に守っている事が伺えます。感謝です。







▼サラサドウダン



▼別名 フウリンツツジ



▼微妙に色が違う


▼ナナカマドの花



▼満開



▼滝山を目指す



▼快適な縦走路
6月2日(金)Kさん

今回のエリアは磐窟渓。
備中のエリアの中ではかなりマイナーなエリアですが、北面のおかげで夏はとても涼しいです。
今回もじっとしていると少し寒くなりダウンを羽織りました。
倉敷にある某ジムよりは全然涼しい・・

岩場までのアプローチは 【朝日堂】から磐窟渓方面にしばらく走ると観光案内看板がありそのちょっと先の駐車スペースの向かいが岩場になってます。

今回の取り付くルートは【Feel fine5.12a】
前日の倉敷では結構な雷雨だったので壁の状態が心配でしたが、バッチリパリパリで問題無し。

1便目はテンション多数でしたが、2便目で無事RPできました👍


ルートの感想としては、取付が岩の上からなので少し怖いのと、下部がカチ主体細かく中間部から上部がガバ主体のダイナミック系とメリハリのある感じです。
傾斜はほぼ垂壁で被ってません。


feel fine5.12a